教員プロフィール

景山 一郎
かげやまいちろう
Ichiro Kageyama
kei
資格:
教授 工学博士
kei
学歴:
日本大学 理工学部 機械工学科   1972年 卒業 
日本大学 大学院 理工学研究科 機械工学専攻   1977年 修了
kei
取得学位:
工学博士
工学修士
kei
専門分野:
自動車工学,機械力学,制御工学
kei
担当科目:
自動車工学Ⅰ,自動車工学Ⅱ、機械力学Ⅱ,車両制御工学,機械工学実験,機械力学特講Ⅰ(大学院),機械力学特講Ⅱ(大学院),自動車工学特論Ⅱ(理工大学院)
kei
研究テーマ:
自動車を操縦する人間の制御動作 (KEYWORD:人間・自動車系,ニューラルネットワーク,ドライバモデル)
二輪車の運動特性解析およびその評価(KEYWORD:モデリング,準定常解析,ステア特性)
ヒューマンインターフェイス構築 (KEYWORD:ITS,自動操縦)
機械を操作する人間の精神負荷推定 (KEYWORD:モデリング,心負担,心拍変動)
自動操縦車両の経路決定に関する研究(KEYWORD:モデリング,自動操縦車両,危険感モデル)
路面状況計測システムの開発 (KEYWORD:ITS、路面摩擦係数)
kei
居室:
12号館504室
kei
メールアドレス:
kageyama.ichiro(の後に「@nihon-u.ac.jp」をつけてください)
kei kei
研究室の構成と方針:
本研究室は機械力学・制御工学関係の研究を行っており、特に自動車(乗用車・二輪車・大型車輪)の運動と制御および人間・機械システムに関する研究を行っています。卒研生・大学院生の自由な発想を引き出せるように指導しています。また研究室内の「和」を大事にするように指導しています。 本年度(平成21年度)の研究室構成は研究員2名,秘書2名,大学院生(博士後期課程1名、博士前期課程2年3名、博士前期課程1年5名、卒業研究生9名で構成されています。
また、活動は栗谷川研究室と共同で実施しており、外部大学・企業等との共同研究を行っています。
kei
研究内容:
大きくは下記の3つのテーマを実施しています。
(1)車両の基礎特性・運動特性に関する研究
(2)自動車の運動制御に関する研究
(3)人間・機械システムの評価に関する研究
これらの大きなテーマに対し、それぞれ3~4つの詳細なテーマを実施しています。特にNEDOの研究プロジェクトとして自動操縦車両の構築に関連した研究を実施しています.この研究では2年後の新東名、高速道路を用いた「大型トラックの隊列走行」,4年後の模擬市街路を用いた「人間が運転する車両と混合して走行する自律走行車両のデモ」の公開実験に向けて活動しています。
この他、交通事故解析等を機械力学・車両の運動力学的な視点から実施しています。
kei
実験装置:
本研究室では下記の装置を使用して研究活動を行っています。
・ムービングベースを有するドライビングシミュレータ(大型および小型がおのおの1台づつ)
・ムービングベースを有する二輪車用ライディングシミュレータ(2台)
・オートバイを操縦するロボット(ライダーロボット)
・車両運動計測用二輪車
・ドライバモニタリングカー(車両運動、生体情報、環境情報を計測できる実験車両)
・高齢者用電気自動車
・高齢者視覚特性計測装置(VTS)
・セグウェー
・タイヤ特性試験機(平板式、ドラム式)
・模型ロボットカー(乗用車2台、連結バス1台)
kei
その他:
kei kei