TOP PAGE space SITE NAVI ENGLISH SITE
日本大学生産工学部/機械工学科
space
機械工学について
コース・履修内容
卒業後の進路
入試情報
教職員・研究室
アクセス
リンク
space
よくある質問
ニュース一覧
教職員・研究室
kei
 
坂田 憲泰
さかた かずひろ
Kazuhiro SAKATA
 
kei
資格 :
准教授 
kei
学歴 :
日本大学 生産工学部 機械工学科 2003年 卒業
日本大学大学院 生産工学研究科 機械工学専攻 2005年 修了
kei
取得学位 :
修士(工学)
博士(工学)
kei
専門分野 :
複合材料工学
kei
担当科目 :
材料力学Ⅰ及び演習
材料力学Ⅱ
材料力学(環境安全工学科)
機械工学実験A
弾性学特講Ⅱ(大学院)
振動学特講(大学院)
kei
研究テーマ :
自動車用複合材料の開発
構造用複合材料の成形と力学特性評価
先進複合材料の高性能化
繊維強化プラスチックと異種材料の接合
木材を用いた構造用複合材料の開発
kei
居室 :
12号館210室
kei
メールアドレス :
sakata.kazuhironihon-u.ac.jp
kei
研究室URL :
http://www.me.cit.nihon-u.ac.jp/lab/sakata/
kei
研究室の構成と方針 :
多くの研究は,生産工学部に設置された先進複合材料に関する「次世代複合材リサーチセンター」で行っており,機械工学科内だけではなく,他学科や他大学の先生と共同で進めているテーマも複数あります.
kei
研究内容 :
当研究室では,複合材料に関連するテーマを中心に研究を行っています.複合材料とは2種以上の単一材料を組み合わせた材料で,単一材料より優れた特長を持つ材料のことです.比強度,比剛性が高いため,航空・宇宙分野で広く利用され,最新鋭の旅客機ボーイング787では構造重量の50%が炭素繊維強化プラスチック(Carbon fiber reinforced plastics,CFRP)となっています.また,今後は自動車への本格展開が予想され,剛性や強度を保ちながら軽量化が可能になることから,低環境負荷構造材として注目されています.興味のある方,詳細な内容を知りたい方は気軽に研究室に来て下さい.
kei
実験装置 :
主に生産工学部のリサーチセンターに設置されている成形装置,実験装置を用いて研究を進めています.
kei
その他 :
2009年の9月に日産自動車より来ました.
日産自動車では水素と酸素で走行する燃料電池自動車(FCV)の研究・開発を行っていました.
kei
研究者情報データベース :
http://kenkyu-web.cin.nihon-u.ac.jp/Profiles/82/0008102/profile.html
kei

 
top of this page
  教員プロフィール

安藤 努
景山 一郎
久保田 正広
高橋 進
綱島 均
野村 浩司
平山 紀夫
松島 均
富井 規雄
沖田 浩平
栗谷川 幸代
坂田 憲泰
前田 将克
丸茂 喜高
平林 明子
菅沼 祐介
松本 幸太郎
栁澤 一機
鈴木 康介
和地 天平
石川 誠司
柄澤 利浩
近藤 政英
武井 正